Mike McCarthy (マイク・マカーシー)ニューアルバムのリリース、日本ツアー決定のお知らせ
Mike McCarthy (マイク・マカーシー)ニューアルバムのリリース、日本ツアー決定のお知らせ


オーストラリアNSW州ノースコースト出身のシンガーソングライター。マイクの音楽の魅力はフォーク、ブルースに加えて浮揚感のあるトリップ感であろう。レイドバックするサーフタウンから知れ渡った「海の吟遊詩人」である。今を時めくサーフ系フィルムメーカーのサイラス・サットンの「ストークト&ブローク」、ネーザン・オールドフィールドの「シーワーシー」をはじめ、日本でも「稲村クラシック2013」などで使用されているのがその証拠である。レコーディングはニールヤングのハーベストを思い起こす自前の納戸を改造したスペースで行われる。聴く者を陶酔の世界に引き込むギターと歌のパワーは底知れない。弾き語り、ギターデュオ、バンド編成と多くのファクターを持つ。クラシックスタイルのロングボードを美しく描いたフィルム「ラインフロムアポエム」の音楽を担当し、優雅にシンクロするサウンドで高い評価を得た。

最新作「シーサイド」はベスト・プラス新曲を交えた集大成。ジャケットに表現されているようなメローな「海の音楽」のタペストリー集。




お買い物はコチラから


今、世界中のサーフ系フィルムメーカーが注目するミュージシャン。
繊細なギターワークと美しいメロディーは、
広大な海岸線の大自然が育むサウンドである。


(来日ライブ)
5月22日 横浜 サムズアップ with Keison & Kazz
5月25日 グリーンルーム 横浜赤レンガ倉庫
ブルーヨンダー(当社発売の写真集)の ジェームス・マクミランも、グリーンルームに来日します。
5月26日 東京目黒・ミランダブルー with Keison & Kazz
5月30日 大阪ファーニチャー バードカフェ



The Lion's Share (Acoustic) from Mike McCarthy on Vimeo.



JUGEMテーマ:音楽


| サーフミュージック | 15:03 | - | - |
Mike McCarthy “Calm Wind”
サーフィンライフ5月号ケリースレーター特集号の付録DVDで再注目!

■タイトル
Mike McCarthy CD&DVD “Calm Wind”
マイク・マカーシー 「カーム・ウィンド / 凪」


マイク・マカーシー 「カーム・ウィンド / 凪」


¥2,800 (消費税込み)UD-2044
CD+DVD 2枚組ディスク、歌詞小冊子付き
紙ジャケット


ご購入はコチラ



1 Prepared for this
2 Bitterness sweet
3 Calm Wind
4 Fire escape
5 Camouflage
6 All she does
7 Angeline
8 Waiting on the tide
9 Fought and failed
10 Every last piece
11 In a name   
Recording at Terrigal / NSW / Australia
Mastering by Steve Smart at Sydney 301 studio

マイク・マカーシー


サーフ系アーティストとして紹介されたマイクはその壁を打ち破り、サーファー以外からの指示を得始めている。メローでシンプルなライフスタイルこそ現代人の憧れ、ゆったりとした時間の中で暮らし創造された音楽は、「カントリー・ビーチスタイル」として定着し始めてもいる。音楽はTPOで選ぶならば、マイクの音楽は波と調和するようなグライド感を味会わせてくれる「極上のメロー・フィーリング」と例えられる。本作はレコーディングとライフスタイルにフォーカスを当てたメイキングフィルムDVDが付きます。


オーストラリアでの評価は極めて高い。広大な海岸線を回りながら演奏活動を続けるスタイルに共鳴する根強いファンで、ライブはどこも盛況。オーストラリアには珍しく綺麗系レディーのファンが多いのは不思議であるが、彼女達は口を揃えてマイクの事を「ヴェリー・オージー(とってもオーストラリア人)」と言う。最近では失われつつ強く優しいオーストラリア人男性の理想像がマイクに見え隠れするのかも知れない。決して容姿端麗ではないし、お洒落もしていない。それでも日本のジーンズメーカー、エドウィンのビジュアルに起用されるからには何か魅力があるのだろう。     
エドウィン2006ポスター

                      
2005年日本初来日では福岡サンセットライブの他、鹿児島、小田原ではKEISONと競演、東京のオーストラリア大使館でのパーティー、インターFMややFM横浜のサーフィン系番組に生出演と「日本のタウン&カントリー」を旅した。
2006年は、国内最大のサーフ系ミュージック&アートイベント、グリーンルームに出演。また新宿、渋谷、原宿、FM横浜、インターFM、FM802等の都市部に出演。
2007年は、オーストラリアツアーとUSA&カナダツアーに精力を尽くす。



EP "SHELTER AND THE SEA”  UD-2034
1 circling birds       
2 shelter and the sea     
3 lovely is love (live)
4 time to sleep (live)     
5 wisdom is delight (live)     
6 train scare 「live」


Album *Fire Flood Freedom* UD-2011
                   
  メローなボイスとアコースティックサウンドで自然の美しさを綴る1枚。 マイク自身ロングボードで波と調和するサーフィンをライフスタイルの礎にしている。話題のロングボードフィルム「Line from a Poem」でも使用される。全12曲プラス1曲。

| サーフミュージック | 14:24 | - | - |
Album “voodoo mudslide”
サーフィンライフ5月号ケリースレーター特集号の付録DVDで再注目!



4Bolt.
New Album “voodoo mudslide
日本発売 2009年3月

myspaceによる視聴はコチラ

ショッピングはコチラから

1 voodoo mudslide
2 Driving me away
3 before you’re dead
4 the song that was too
5 Prey
6 Edwards Grace
7 Come Monday
8 Mountain Sea
9 Pet barn
10 China White and the Exorcism
11 unknown
Bonus Track
12 Driving me away (album and radio edit version)
13 Driving me away (original version)
14 Driving me away (instrumental)

2008年 待望の新作「ヴードゥー・マッドスライド」は、デザートロックに速い展開とボーカルへの多彩なエフェクトを加えた現在のシドニー”ハードコアサーフ”サウンドのカッティングエッジであろう。ギター+ベース+ドラムス+コールのボーカルが奏でる重低音なロックはビーフィーなデザートロック、「肉厚で砂漠に響くロック」と評価さえる。

4BOLT ヒストリー 1997〜2008〜future      

1997年4BOLTがシドニーのビーチタウン、アバロンで産声を上げた。当時ボーカルのコールは全豪ジュニアからプロサーファーとして活躍中で多くのコンテストで優勝する存在であった。同じハイスクールのサーフィン仲間たったスコッィー、ケーン等とウエールビーチにある海を見渡す母の家のガレージでリハーサルは始まった。翌年、初のライブが行われサーファーが大騒ぎをした。


1998年 最初のレコーディングがシドニー市内で行われた。年末”スチームトレイン”5曲入りEP が発売される。3ヵ月後、全OZをネットするFMラジオトリプル-Jに連日リクエストが入りオーストラリアチャートイン。シングル「ローウィー」はロックが本来持つ暴力的なリズムにドアーズのジムモリソンの狂気がクロスオーバーする。度を越したサウンドは徹底的な支持を得るか絶対的な嫌悪感を示されるか、結果4BOLTのファン、中でも4BOLTのタトゥーを入れるものたちはボルターと呼ばれ始めた。OZ東海岸のサーフタウンでライブは宗教的雰囲気さえ漂い、「4BOLTのライブには行かせるな」と学校や親達は考えるようになると、全てのライブはチケット発売と同時にソルドアウトという異常事態に発展。ライブはガードマンが最前線に構え毎晩、激突する。OZ一番人気のサーフィンを中心に扱う元世界チャンピョン、バートンリンチのRAを始めジャスティンゲイン等、トップの映像メーカーが挙って4BOLTを使用。コールは4BOLTのボーカルとして知れ渡る一方、ツアーの合間にフィリピン、インドネシア、ハワイ等でのサーフィンが雑誌に特集され”アンダーグラウンドヒーロー”的存在になりつつあった。

2001年 シドニーで「シークレットハイウエー」を制作。ギターにイギリスからオーリーガ加入して発売前からこれほど話題を独占したアルバムも少ない。初回分は予約で完売、発売前からTV番組RA,KORE-TV、SALT-TV等の人気エクストリーム系番組で使用、シドニー市内限定でライブが決行されたが前売り完売。マスコミ関係者でさえ入場出来ない稀なライブであった。アルバムからはシングルカットなし、トリプルJを始め、多くのFMラジオで異なる曲がかかりリクエストも割れたため、チャートンインしたのはアルバムのみ。


2003年 前作以上にプログレッシブなハードロック色を強めたアルバム「ミッドナイト・ミュージアム」リリース。サーフ系TV番組、サーフィンDVD等、多くの映像に使用され僅か3回だけライブが地元アヴァロンで行われ完売した。

2006年 コールはオーストラリアで人気のサーフィン誌WAVESのグローバルエディターに就任。またASPのWCTのコメンテーターとしても活躍中だ。現在は「世界で唯一ケリー・スレーターのインタビューを取れるサーファー」としてロックとサーフィン界で活躍するポジションを築いた。

2008年ニュールバム「ヴードゥー・マッドスライド」をリリース。ミュージッククリップにはミュージシャンとしてケリー・スレーターも登場している。



 
| サーフミュージック | 14:19 | - | - |
Red Whyte(レッド・ホワイト )アルバム:コースタル・カントリー
コースタル・カントリー

レッド・ホワイト Red Whyte
アルバム「コースタル・カントリー」 Coastal Country
2011年3月31日発売
価格 2200円(消費税込)
品番 UD-2100

サンプルミュージック↓



ショッピングはコチラ

レッド・ホワイトとは?

Red Whyte

Red Whyte

1967年2月オーストラリア・ヴィクトリア州出身ベルズビーチ在住。1995年アルバム「ヒュージュミュージック・フォー・ショートフィルム」をリリース。名の通りショートフィルムのために制作したサウンドトラック。これを機にインディーズ系映画を始めテレビのサイエンス系ドキュメンタリー等用に音楽制作の依頼が増える。インドでヨーガとシタール修業を3年積み、98年アルバム「カントリー&イースタンミュージック」をリリース。以後12枚のアルバムをリリースする。アンビエントな作品からロック、サーフジャズなど幅広い音作りを続けている。但し本作「コースタル・カントリー」は聴きやすいポップである。バンド活動も含めるとオーストラリア全土は元よりイギリス、フランス、アイルランド、バリ、ニュージーランド、インドでもライブをしている。

Red Whyte

サーフフィルムではジャック・マッコイの「ブルーホライズン」、ティム・ボニーソンの「ブラックウォーター」等の大作に楽曲を提供している。

Red Whyte

昨今サーフィン界でもアーティストという言葉が軽々しく使われるが、それほど軽率な言葉ではない。だがレッドを敢えてアーティストと呼ばせて頂く。オーストラリアサーフィンの聖地ベルズビーチの広大な敷地で支給自足生活を続けながら、60年代のヒッピーが理想としたライフスタイルを実践する21世紀の哲学者に映る。作詞作曲、ギター、シタール、ベース、ドラムス、自然音の録音といった音楽面以外にも、写真家、絵描き、彫刻家、ガーデナー、そして熱心なサーファーである。馬で敷地を走り、ポンコツ車で海に行く。

Red White

コースタル・カントリー

アルバム「コースタル・カントリー」
日本デビュー作品は「コースタル・カントリー」はナチュラルとサイケデリックという2つの相反する要素が織り成し創り出す崇高と呼べる音楽だ。音楽は作り手が左右する。むしろ音楽は作り手そのものならば「コースタル・カントリー」は、サーフィンからエネルギーを得た音楽の結晶であろう。音楽をカテゴライズすることに意味はないのだろうが、レッド自身はサーフ・ジャズ・フュージョンと自分のサウンドを表現する。また南インドでレッドが学んだシタールと民族リズムも魅力である。

Red Whyte


曲目解説

Somewhere to live
1曲目はコズミックなブルースだ。アコースティックのボトルネックギターから、レッドの世界が始まる。

Can’t hold back in tide
3曲の収録されたパート2は煌びやかなクールジャズにアレンジされている。一方13曲目に収録されたパート1はアコースティックギターのアレンジで、原曲のメロディーの美しさがしっかり表現されている。

Coastal Country
アルバムタイトル曲は、ベルズビーチでの生活を歌ったフォーキーなナンバー。「ウエットスーツを車に積んで海岸線を進もう」とシンプルなサーファーの信条が伝わる。トランペットの絡みが絶妙にクール。

Let’s Go Surfing Now (パワープレー推奨)
本作で一番のポップな名曲であろう。ジェフ・ラグランが吹くトランペットはディジー・ガレスビー風だ。サビの♪レッツゴーサーフィンナウは一度聴いたら忘れられないメロディー。間奏のギター、ブルースハープ、シタールが織り成すレッドのダンスワールドだ。
厳密にはレッツゴーサーフィンナウ、インザムーンライト。満月の晩にサーフィンしようというメッセージである。レッドは南インド時代に毎月フルムーンパーティーでライブを続け、ベルズでも夏の間は同様の巨大パーティーを開催していた。満月の晩のサーフィンと祝福である。

Green Point 
Jimi Hendrix! One said surf music never live on He’s my hero and this is a Surfing song
の語りから始まるGreens Pointはレッドが敬愛するジミ・ヘンドリックスに捧げたサーフィンミュージックである。壮言なティンパニーのような、実は波の音にエフェクトを掛けた響音から始まる。レッドのギターはジミの「ドリフティング」の続きのようだ。遥か水平線からコーディロイのうねりが押し寄せる。カモメが歌う。ギター音は「サードストーンフロム」のようにオクターブ奏法とルーツ音に固守する。波の音、カモメの声、自然が創り出す音とレッドのギターとリズム陣が醸し出すグルーブはサーフィンそのものだ。1969年、ダナポイントから50キロ離れた余り知られていなかった秘密のポイントで革新的(ラジカル)なサーフィンが進化を遂げていた時間に戻れる。そんなサウンドだ。スピードを伴う急角度な方向変換を伴う動きを全体のライディングの中に魅せるサーファーこそ、最先端で憧れだった。

Warm Reef
ピンクフロイド的ハモンドオルガンの音色から始まるウォームリーフは、レッドの家の近くのサーフポイントを歌っている。神秘的なギターコードとシタールが織りなす旋律とリズムこそレッドの魅了だ。しかし本作の全ての曲に共通する点はポップ、誰でもが入り込んでいく優しさがみなぎる。

End
アバンギャルドなリズムに乗り奇才サーファー、デレク・ハインドが朗読する詩は、まさに現代のビートニックだ。

その他全16曲、全体を通して聴きたい稀なトータルアルバムである。コズミックなブルース、ロック、ジャズ、フォーキー、ダンスワールド、抽象画のようなインドチックな世界が混じり合い、完全にサウンドにトリップする。今まで聴いたことのない音楽であることは確かだ。レッドの「コースタル・カントリー」を聴き新しい発見をするであろう。

サンプルミュージック↓



ショッピングはコチラ

Red White

Red Whyte

Red Whyte

お問い合わせ
(有)ルピコ
〒105-0072 東京都 港区 芝 3-17-15 208
筺03-3453-8101 

サーフストアへの配給元
蟾馥眥名
〒251-0037 神奈川県 藤沢市 鵠沼海岸 2−16−2
筺0466‐36‐9414

CDストアーへの配給元 
ラッツパック・レコード株式会社
〒106-0031 東京都港区西麻布2−12−2
筺03‐5468‐0090
| サーフミュージック | 17:08 | - | - |
ニューアルバム「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」発売のご案内
アンドリュー・キッドマン 
ニューアルバム「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」発売のご案内

ニューアルバム「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」

タイトル“MUSIC RECORDED FOR FILM SEARCHING FOR MICKAEL PETERSON” 
演奏者 THE BROWN BIRDS FROM WINDY HILL FEATURING TIM GAZE
発売日 2009年5月11日
商品番号 UD-2045
初回限定 紙ジャケット

2009年3月、今年も世界最大のロングボードフェスティバルがオーストラリのヌーサで開催されました。毎年ここで新作サーフフィルムが1作品上映され、昨年は「バスター・ダウン・ザ・ドア」が初公開され話題になりました。今年は「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」が初公開され昨年以上の話題に上がっています。オーストラリアではこの2ヶ月にヌーサから始まりクーランガッタ、バイロンベイ、マランビンビ、ニューキャッスル、アヴォカビーチ、パームビーチ、マンリー、ボンダイ等、延べ10ヶ所で上映されチケットは全て前売り完売しました。(劇場写真をご参照下さい)日本では夏に公開が予定されておりますが、サウンドトラックの先行発売が決定いたしました。

サーフフィルム「リトマス」「グラスラブ」の制作者、写真家、サーフジャーナリスト、シェーパー、サーファーとして知られるアンドリュー・キッドマンを中心にバイロンベイ結成されたブラウンバーズと、1972年の超カルトサーフフィルム「モーニング・オブ・ジ・アース」のサウンドトラックにも参加したティム・ゲイズがギターで参加。最高に渋いギターワークは当時を知らないファンも涙モノであろう。全13曲、サウンドはずばり「ニール・ヤングとクレージーホースがサーファーだったら」 昨今のアコースティックやジャム系とは別次元のサーファーズ・サウンドである。1977年マイケル・ピーターソンが優勝したコンテストのナレーションからスタートする「アイアンイーグル」はレトロが香るロックナンバーだ。レコーディングには70年代の真空管のギターとベースアンプ、ミキシング卓も含めてアナログで固められた。

1 Iron Eagle
2 Full Spectrum Day Tubes
3 Twiggy
4 Bells ’73
5 Bad End
6 Boggo Road
7 Got A Little Plan
8 The Last Stand
9 Smokin’ Rubber On The Story Bridge
10 Sittin’ The Hill
11 Brown Schooner
12 Intro – Iron Eagle
13 Nor’ Easter

ご購入はコチラ!!
| サーフミュージック | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
マイク・マカーシー新作CD&DVDリリース情報
マイク・マカーシーの新作CDが2008年9月1日発売されます。

■タイトル
Mike McCarthy CD&DVD “Calm Wind”
マイク・マカーシー 「カーム・ウィンド / 凪」


マイク・マカーシー 「カーム・ウィンド / 凪」


¥2,800 (消費税込み)UD-2044
CD+DVD 2枚組ディスク、歌詞小冊子付き
紙ジャケット


ご購入はコチラ



1 Prepared for this
2 Bitterness sweet
3 Calm Wind
4 Fire escape
5 Camouflage
6 All she does
7 Angeline
8 Waiting on the tide
9 Fought and failed
10 Every last piece
11 In a name   
Recording at Terrigal / NSW / Australia
Mastering by Steve Smart at Sydney 301 studio

マイク・マカーシー


サーフ系アーティストとして紹介されたマイクはその壁を打ち破り、サーファー以外からの指示を得始めている。メローでシンプルなライフスタイルこそ現代人の憧れ、ゆったりとした時間の中で暮らし創造された音楽は、「カントリー・ビーチスタイル」として定着し始めてもいる。音楽はTPOで選ぶならば、マイクの音楽は波と調和するようなグライド感を味会わせてくれる「極上のメロー・フィーリング」と例えられる。本作はレコーディングとライフスタイルにフォーカスを当てたメイキングフィルムDVDが付きます。


オーストラリアでの評価は極めて高い。広大な海岸線を回りながら演奏活動を続けるスタイルに共鳴する根強いファンで、ライブはどこも盛況。オーストラリアには珍しく綺麗系レディーのファンが多いのは不思議であるが、彼女達は口を揃えてマイクの事を「ヴェリー・オージー(とってもオーストラリア人)」と言う。最近では失われつつ強く優しいオーストラリア人男性の理想像がマイクに見え隠れするのかも知れない。決して容姿端麗ではないし、お洒落もしていない。それでも日本のジーンズメーカー、エドウィンのビジュアルに起用されるからには何か魅力があるのだろう。     
エドウィン2006ポスター

                      
2005年日本初来日では福岡サンセットライブの他、鹿児島、小田原ではKEISONと競演、東京のオーストラリア大使館でのパーティー、インターFMややFM横浜のサーフィン系番組に生出演と「日本のタウン&カントリー」を旅した。
2006年は、国内最大のサーフ系ミュージック&アートイベント、グリーンルームに出演。また新宿、渋谷、原宿、FM横浜、インターFM、FM802等の都市部に出演。
2007年は、オーストラリアツアーとUSA&カナダツアーに精力を尽くす。



EP "SHELTER AND THE SEA”  UD-2034
1 circling birds       
2 shelter and the sea     
3 lovely is love (live)
4 time to sleep (live)     
5 wisdom is delight (live)     
6 train scare 「live」


Album *Fire Flood Freedom* UD-2011
                   
メローなボイスとアコースティックサウンドで自然の美しさを綴る1枚。 マイク自身ロングボードで波と調和するサーフィンをライフスタイルの礎にしている。話題のロングボードフィルム「Line from a Poem」でも使用される。全12曲プラス1曲。


| サーフミュージック | 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
アンドリューキッドマン新作アルバム
アンドリュー キッドマン

The brown birds from windy hill“three sails to the wind” / Andrew Kidman

2007 年 オーストラリア東海岸バイロンでレコーディングされ南オーストラリア・アデレイドでミキシング、マスタリングされた本作は、アンドリュー・キッドマンとニール・パーチェス・ジュニア( NPJ )の 2 人のサーファーが創り上げた 21 世紀現在のリアル・サーファーズ・サウンドである。アンドリュー・キッドマンは 1997 年「リトマス」、 2003 年「グラスラブ」の 2 本のフィルムをリリースしているが、「リトマス」はビデオ発売される前にサウンドトラック・アルバムが出来ていた。「グラスラブ」もしかり、アンドリューはフィルムと平行してサウンド制作に撮影と同じ、時にそれ以上に精力を注いでいる。さらにこの間にソロアルバム「スペース・イン・ビィトウィーン」をリリースしている。またミック・ウォーターズと共同でニューフィルム「ビリーブ」と「ホットバタード・ソウル」を制作したが「ホットバタード・ソウル」では全編サウンドトラックを担当した。

お買い求めはコチラから
| サーフミュージック | 14:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
PICO新作アルバムCD


スティール・フロム・アース / Crow Feather(PICO)

☆DVD「ベスト・オブ・サーフムービー」プラス+★ニューアルバム 「スティール・フロム・アース」 2枚組みディスク全国のタワーレコード、HMV他の全国のCDストア、サーフショップで販売中品番 UD-2040  ¥2,800(消費税込み) ライフスタイルをサーフィンで彩るサーフィン映画の名作のコラボレーションDVD、プラス PICOのニューアルバムの2枚組みディスク。 ヴォイス・オブ・サーフィンとしてオーストラリアで親しまれているピコ。昨年はグリーンルームで初来日、熱狂的なファンを掴み、玄人筋からは「大人のロック」と高評価を受けた。その後、ピコはバンド“クロウフェザー”を結成。クイックシルバー、リップカール等のイベントに出演。2007年、ニューアルバムが完成。


お買い求めはコチラから
| サーフミュージック | 14:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |