<< ショッピングシステム変更のご案内 | main | Tales From The Tube >>
ジャック・マッコイ2010年新作リリースのご案内
〜ジャック・マッコイ2010年新作リリースのご案内〜

タイトル 「ア・ディーパー・シェイド・オブ・ブルー」
      A Deeper Shade Of Blue 
時間 90分
制作 ジャック・マッコイ
出演 この100年間で様々なスタイルから独自のキャラクターを確立した21名のアイコン
ロケーション 世界各地

デーン・レイノルズ

デレク・ハインド

マーシャルブラザース

デイブ・ラストビッチ

オーストラリアを代表するサーフフィルム監督のジャック・マッコイの新作の撮影が最終段階に入りましたのでご紹介させて下さい。3年前からスタートしたプロジェクトの最初の1年半はリサーチと素材集めに費やしました。この1年半を制作に集中しましたが、さらに1年を最新フッテージの撮影と編集に費やし、4年の制作期間を経て2010年春に完成予定です。

フィルムに登場するサーファーはスポンサードされたプロサーファー中心ではなく、サーフィンを愛する興味深い人たちです。ロングボーダーのカップル、5歳児ですでにスタイルを持っていた偉大なウォーターマンの孫、ジョージ・グリノフに習いチューブの中を撮影するサーファー、WVコンビで暮らすクロコダイルダンディーのような典型的オージーサーファー、凍て付くタスマニアのシャークが住むポイントのローカルサーファーたちが繰り広げる地球最大級の波へのアタック、カイトやスタンドアップで波にのるハワイ・カウアイのウォーターマンのフォイルボードでのウルトラスムースライド等、さらに現在もすばらしいキャラクターを撮影中です。

大部分はHDで撮影され、特にアンダーウォーターでの撮影はかつて見たことのない影像となるでしょう。撮影素材は自宅シドニー・アヴァロンのスタジオで編集されています。ジャック自身は「フィルムには私が人生で撮影したベストで構成されるでしょう。60歳を向かえ私の人生で最高のフィルムとなります。」と意気込みを語っています。



ジャック・マッコイ プロフィール

1948年LA生まれ。幼少期から少年時代をハワイでジェリー・ロペスらと過ごし70年オーストラリアへ移住。アルビー・ファルゾンの元、撮影を学び75年デック・ホールと出会い16ミリフィルム「チュブラー・スウェルズ」を制作して大成功を収める。ウェイン・リンチのドキュメンタリーフィルム「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」、82年「ストームライダース」の世界的大成功で不動の地位を築く。MTV的要素を取り入れた「ジャングルジェットセット」「コングズ・アイランド」等、サーフィンフィルムの進化させ続けている。近年はデイブ・ラストビッチとアンディー・アイアンが主人公の「ブルー・ホライズン」、ジョエル・パーキンソンのシグニチャー「フリー・アズ・ドッグ」を大ヒットさせている。33年以上に渡り常に最前線でサーフフィルムを作り続け、延べ25作品を制作している。


お問い合わせは (有)ルピコ  
〒105-0072 東京都 港区 芝 3-17-15 208
筺03-3453-8101 Fax 03-3798-0470
シドニーオフィス / PO Box 984 Newport Beach, Sydney, NSW 2106 Australia Phone & Fax 612-9997-2781



ジャック・マッコイより 

Dear Sir,

It is with great honor and respect to write to you to tell you a little bit about the new film that I am making. I started over 3 years ago and spent a year and a half researching the material and another year and a half already in production. Over the next year we will continue shooting the most current footage we can and also be working hard in the editing room putting it altogether. All up it will have been a 4-year journey bringing it to the screen.

The film title is A DEEPER SHADE OF BLUE and in it I'm acknowledging the icons of the sport of surfing over the last 100 years. Not a history lesson, more of trying to share the oral stories of who the icon characters were and their idiosyncrasies.

The rest of the film will be made up of stories about people who surf and not necessarily sticker up pros. Interesting people who surf for the love of it and their stories. A long-board couple, the great great grandson of a well known early waterman who at 5 years old is already styling, a surfer following in the footsteps of George Greenough to bring state of the art POF footage inside the tube, a Crocodile Dundee type Australian surfer who lives out of his Kombi, a bunch of Tasmanian locals who live to surf in the coldest waters imaginable that are shark infested surfing some of the biggest and gnarlest waves you can find, and a Hawaiian waterman who shapes boards for a living and dives, fishes, kites, surfs, bodysurfs, SUP, and everything else in the ocean where his main passion is foil surfing big waves on the remote Na Pali coast on the Island of Kauai where he lives.
I've also shot most of the film in HD. It took me a long time to not get involved with it because I was waiting until I could control the look of what I'm shooting in the HD field and once I was able to tell the camera/computer to allow me to underexpose the white water on the waves so that I get all of the detail instead of a white blob, I went for it. It's been a challenge to learn the new gear but I believe I'm getting the best pictures I've ever taken and it's turned me into a kid again with a new toys.

I’d like to thank my friend and neighbor Tadashi Yaguchi for helping me get in touch with you and please let us know how we can be of any further assistance in your support of our production.

With kindest Aloha, thank you, Jack McCoy
| サーフフィン ムービー | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック