<< A Matter of Style | main | フランスサーフフィルムフェスティバルの最優秀賞「ミュージカ・サーフィカ」 >>
ニューアルバム「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」発売のご案内
アンドリュー・キッドマン 
ニューアルバム「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」発売のご案内

ニューアルバム「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」

タイトル“MUSIC RECORDED FOR FILM SEARCHING FOR MICKAEL PETERSON” 
演奏者 THE BROWN BIRDS FROM WINDY HILL FEATURING TIM GAZE
発売日 2009年5月11日
商品番号 UD-2045
初回限定 紙ジャケット

2009年3月、今年も世界最大のロングボードフェスティバルがオーストラリのヌーサで開催されました。毎年ここで新作サーフフィルムが1作品上映され、昨年は「バスター・ダウン・ザ・ドア」が初公開され話題になりました。今年は「サーチン・フォー・マイケル・ピーターソン」が初公開され昨年以上の話題に上がっています。オーストラリアではこの2ヶ月にヌーサから始まりクーランガッタ、バイロンベイ、マランビンビ、ニューキャッスル、アヴォカビーチ、パームビーチ、マンリー、ボンダイ等、延べ10ヶ所で上映されチケットは全て前売り完売しました。(劇場写真をご参照下さい)日本では夏に公開が予定されておりますが、サウンドトラックの先行発売が決定いたしました。

サーフフィルム「リトマス」「グラスラブ」の制作者、写真家、サーフジャーナリスト、シェーパー、サーファーとして知られるアンドリュー・キッドマンを中心にバイロンベイ結成されたブラウンバーズと、1972年の超カルトサーフフィルム「モーニング・オブ・ジ・アース」のサウンドトラックにも参加したティム・ゲイズがギターで参加。最高に渋いギターワークは当時を知らないファンも涙モノであろう。全13曲、サウンドはずばり「ニール・ヤングとクレージーホースがサーファーだったら」 昨今のアコースティックやジャム系とは別次元のサーファーズ・サウンドである。1977年マイケル・ピーターソンが優勝したコンテストのナレーションからスタートする「アイアンイーグル」はレトロが香るロックナンバーだ。レコーディングには70年代の真空管のギターとベースアンプ、ミキシング卓も含めてアナログで固められた。

1 Iron Eagle
2 Full Spectrum Day Tubes
3 Twiggy
4 Bells ’73
5 Bad End
6 Boggo Road
7 Got A Little Plan
8 The Last Stand
9 Smokin’ Rubber On The Story Bridge
10 Sittin’ The Hill
11 Brown Schooner
12 Intro – Iron Eagle
13 Nor’ Easter

ご購入はコチラ!!
| サーフミュージック | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www2.ozartsurf.com/trackback/1273148
トラックバック