<< DVD “HOME” | main | 新作サーフィンDVD: Hanging Fiveのご案内 >>
DVD_クラシックシリーズ3本
ワイルドな70年代を見よう! サーファーの原点はここにあり。
ハル・ジェプセン監督の名作がついにDVD化。
「コスミック・チルドレン」「シー・フォーユアセルフ」「スーパーセッション」3作同時発売


サーフィンフィルムは、その時代のサーフィンを捉えています。
ハル・ジェプセンの3作品は、60年代から沸き起こったカウンターカルチャーの時代的背景にフォーカスを当てながら、ショートボード革命とサーフアドベンチャー時代の幕開けを捕えた名作です。波乗りを愛する方々に是非見て頂きたいフィルムです。
「温故知新」 自分のサーフィンとライフスタイルに少なからず影響を与えるかも知れません。 

監督 ハル・ジェプセン / 1940年LA出身 1968年カリフォルニアのUCLAで学士号を得た2年後、1970年に最初のフィルム「コスミック・チルドレン」を発表。73年「シー・フォーユアセルフ」、75年「スーパーセッション」の3作は大ヒットを収めた。
撮影はカルフォルニア、ハワイ、メキシコ、オーストラリア等で行われ、当時のトップサーファー達を捕えている。

-------------------------------------------------------------------


1972年度作品
Cosmic Children
監督 Hal Japsen ハル・ジェプセン
本編収録時間
出演サーファー : ドナルド・タカヤマ、ジェイ・リドル、デビッド・ヌヒワ、
ジョック・サザーランド、コーキー・キャロル他。

ぶっ飛んだカリフォルニアサーフカルチャーサイケデリックとドラッグカルチャーが盛んだった時代を映しているアブナイ作品。
いきなりオープニングから桟橋の下でデビッド・ヌヒワ、ジェフ・ハックマン、コーキー・キャロルといった不良サーファーが集い奇妙なボードでサーフィンをするがその前に一服、サーファー達はショートボードとドラッグを謳歌した。カリフォルニアでポピュラーだったビーバーテールにパンタロンタイプのウェットスーツが時代を感じさせてくれる。サウンドはデイブ・ブルーベックのテイフ・ファイブだが変拍子が彼らの波乗りにマッチする。ロケーションはハワイとUSA西海岸の主要ポイントの他、サンフランシスコやメキシコのスコーピオンベイの長いポイントブレークは夢の
ような波だ。またジェリー・ロペスが現われる前のミスターパイプラインことブッチ・バンアーツレンのライディングはいつ見てもクレージーで最高!マリブのコンテストでノーズライドするドナルドもクラシックだ。











-------------------------------------------------------------------


1974年度作品
Super Sessions /スーパーセッション
監督 Hal Japsen
本編収録時間
出演サーファー: ラリー・バートルマン、マイケル・ピーターソン、ジェリー・ロペス、デッド・ヌヒワ、ピート・タウンネント他
(サブタイトル)70年代前半の歴史に残る数々のセッション


ショートボード革命が終わるとサーファー達は新しいマニューバーを実践するために様々なサーフボードのデザインを試し始めた。中でも若いハワイアン達はアイパのボードで360度や超低姿勢カットバックなど南カリフォルニアのスケートボードとクロスオーバーしながら革新的な動きを取り入れサーフィンの枠を広げていった。プロサーフィン設立の前年、オーストラリアのラビット・バーソローミュー、マイケル・ピーターソン、イアン・カーンズ、ピート・タウンエント等はハワイでチャレンジを繰り広げる。一方迎え撃つハワイアンはラリー・バートルマン、ローリー・ラッセル、バリー・カナイアイプニ、ジェリー・ロペス、ジェフ・ハックマン等と、それは「バスティン・ダウン・ザ・ドア」の始まりだった。カリフォルニアのスケートボードシーンやツインフィンフィッシュでクルーズするデビッド・ヌヒワをはじめ当時のハワイとカリフォルニアのカルチャーも満載!







-------------------------------------------------------------------


1976
A Sea for Yourself
監督名Hal Japsen
本編収録時間 75分
出演サーファー:ショーン・トムソン、マーク・リチャード、ウェイン・ラビット・バーソローミュー、マイケル・ピーターソン、マイケル・トムソン

コンテストか、フリーサーフィンか?

70年代のUSAを代表するハル・ジャプセン3部作の最終章。コンテストとフリーサーフィンを対比しながらサーフィンの本質を伝えるメッセージ色強い作品である。プロサーフィン設立の2年前からワールドツアーが始まる1976年のハワイを鮮明に捕えている。中でも圧巻はマイケル・ピーターソンのパイプライン・バックドアだがキラのチューブを滑るようメイクする。大胆にもロペスにドロップインを繰り返すショーン・トムソンやサンセットビーチの大波を攻撃的に滑るテリー・フィッツジェラルドのシーンも見逃せない。またコンテストとは対照的に自由に波に乗るソウルサーフィンや未知の波を求めて冒険するサーファーにもスポットを当てている。アドヴェンチャー時代の幕開けである。ペルー、南フランス、メキシコといった当時としてとても珍しいポイントも多数撮影された。珍しい特殊編集も斬新で当時日本でも劇場で大ヒットした作品。
| サーフフィン ムービー | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www2.ozartsurf.com/trackback/1456407
トラックバック