<< Mike McCarthy “Calm Wind” | main | ロドニー・サンプター3部作 >>
ポール・ウィツグ3部作リリース
Paul Witzig Production
ポール・ウィツグ3部作


デジタルマスターされ高画質、高音質でよみがえった。


1967年「ホット・ジェネレーション」UD-4108 

1969年「エヴォリューション」UD-4109

1971年「シー・オブ・ジョイ」UD-4110

初回限定3面デジパック+ポストカード付き
3面紙ジャケット 紹介限定ポストカード入り
各4400円(消費税込)

最高にカッコ良い時代を克明に映し出した名作が初のDVD化された。


主演 ナット・ヤング、ウェイン・リンチ、テッド・スペンサー
出演 ボブ・マクタビッシュ、リノ・アベリラ、ディック・ブリューワー、ミジェット・ファラリー、ボビー・ブラウン、ロドニー・サンプター、ケヴィン・ブレナン、キース・ポール、ジョージ・グリノフ、ラッセル・ヒューズ、ピーター・ドリュエン、ラッセル・ヒューイ、



1967年“Hot Generation”
ホット・ジェネレーション
1時間15分  UD-4108 


ホット・ジェネレーション



ショートボード革命前夜の1966年から67年を映し出している。ナット・ヤングがサンディエゴのワールドタイトルを、9’4”通称マジックサムで優勝するシーンが見られるが、ショートボード革命という呼び方が初めてされた瞬間である。この革命の立役者のジョージ・グリノフとボブ・マクタビッシュも登場する。サーフボードは9フット以上、ファッションはアイビーだ。先ずはロングボーダーの聖地オーストラリアのヌーサの長いライトハンドのポイントブレークに始まり、バーレイヘッズと続く。カリフォルニアのロングボードから、独自の方向に進み出すオーストラリアのサーフィンは実験的で面白い。バイロンベイの庁ロングウェーブのザ・パスやワテゴビーチのレフト、タロウビーチでのボブ・マクタビッシュが完成したばかりのファンタスティック・プラスティックマシーンを披露する。
ナット・ヤングら一行はスイスから フランスのギタリーで最高の波に当たる。オイルフェイスのオーバーヘッドのレフトとライトに、ほんの少し短くなり始めた’ロングボードが描くラインは完璧である。さらにポルトガル、スペインでも波に当たり、多くのローカルサーファーを驚かせている。サーフィンだけでなく67年という激動の始まりの時代に、進化し始めるサーフカルチャーも興味深い。
オーストラリアに戻り、ヌーサからベルズビーチまでの2200キロのサーフトリップ
67年大波で開催されたベルズビーチのコンテストのファイナル、ミジェット・ファレリーVSナット・ヤングは圧巻だ。2人の異なるスタイルは熱狂的でいながらエレガンスだ。

1967年、伝説のハワイ・ホノルアベイはハイライトであろう。完璧な波と時代を変えるサーファーとシェーパーが集まっていた。だから伝説なのだ。ハワイのディック・ブリューワーとオーストラリアのボブ・マクタビッシュの出会いこそ、ショートボード革命で始まりである。ブリューワー、リノ・アベリラ、ナット・ヤング&ボブ・マクタビッシュ、テッド・スペンサー、ジョージ・グリノフのマットでのパーフェクトライドなど、マニアでなくとも必見だ。今まで写真や物語しか知らなかったクラシックなシーンこそ、サーファーの財産であろう。
サウンドはオーストラリアのロックバンド、ザ・サンセッツがフィルム用に制作したロック。

お買い物はコチラ



1969年“Evolution”
「エヴォリューション」1時間18分


エヴォリューション



前作「ホット・ジェネレーション」から僅か2年、後にも先にないくらい世界は激変した。
世界一コンペティティブなオーストラリアでは、ジュニアで4年連続、しかもブッチギリで優勝し続けているウェイン・リンチが時代を超えたサーフィンを見せる。テッド・スペンサーは誰よりも短いボードで全く新しいサーフィンを完成させる。「エヴォルーション」は68年プエルトリコやベルズでのコンテストを記録している。サーフボードが最も短くなった1年である。一方ではモロッコでハッシシを吸うシーンなどドラッグカルチャーとの関わりも撮影されている。また2枚のフィルムを重ねた編集は幻想的だ。ナレーションなしで音楽は地元オーストラリアのロックバンド、タマンシャッドがインプロヴィゼーションを展開する。

お買い物はコチラ


1971年“Sea of Joy”
「シー・オブ・ジョイ」1時間11分


シー・オブ・ジョイ



「シー・オブ・ジョイ」ではサーフボードは無限の可能性を秘めたビークルと化し多様化する様を捕えている。ハワイ、オーストラリア、ヨーロッパに加えて南アフリカ、モーリシャスなどの初公開のポイントもヒットした理由である。前作同様タマンシャッドがサウンドトラックを制作し、レコードも大ヒットした。

お買い物はコチラ
| サーフフィン ムービー | 21:26 | - | - |