<< ビリーブ | main | ストームライダース >>
オン・エニー・モーニング
「オン・エニー・モーニング」
On Any Morning


オン・エニー・モーニング


監督 : ロドニー・サンプター
制作年度 : 1974年オーストラリア制作
時間 : 71分

ご購入はコチラ

最高にワイルドでカッコいい70年代100%、パイプラインのチューブをライトニング・ボルトでマスターするジェリー・ロペス。1974年伝説のコークコンテストでのマイケル・ピーターソン(ケリー・スレーターも絶賛)等、今に強く影響を与えているサーフィンを見る事が出来る伝説のサーフィン映画。また当時のファッション、サウンドは時代が回って新鮮でもある。その証拠にこの時代のサーフボードが流行っている。

オン・エニー・モーニング イメージ

1974年当時と言えば、ヒッピー全盛から、ニューエージへ移行していた。またサーフィン界ではショートボード革命期、オーストラリアの極端に短いサーフボードとハワイのピンテールが世界を一世風靡していた。
本作はオーストラリアは元よりハワイ、USAメインランドでも劇場公開され大成功を収めた。「モーニング・オブ・ジ・アース」(1972年度)と「フリーライド」(1976年)の中間の頃をしっかり描いた名作である。特に当時の水中撮影では飛び抜けている。

オン・エニー・モーニング オリジナル ポスター

内容 ★ジェリー・ロペスが真っ赤なライトニングボルトでマスターするパイプライン★オーストラリアのビクトリア州ベルズビーチでのイースターコンテスト(リップカール)でのジェリー・ロペス、リノ・アベリラ、ジェフ・ハックマン等ハワイアンとウェイン・リンチ、ナット・ヤング等オージー勢のセッション。★ミジェット・ファレリーとピーター・ドリューエンのシドニー・シークレットでのビッグウェーブ。★74年コークコンテスト世界最初のマンツーマンのマイケル・ピーターソン ★ウェイン・リンチ、ジェリー・ロペス、ナット・ヤング、ジェフ・ハックマンが滑るバリ島ウルワツ。ナット・ヤングのリラックスしたクタリーフも貴重映像。★ニュージーランド・トリップではラグラン他のポイントの真骨頂を見る事が出来る。★ゴールドコーストのチューブ水中シーン等、見所多し。

著名人からのコメント

デレク・ハンド (サーフィンジャーナリスト)
「70年代前半、急激な進化を遂げたシングルフィン・サーフィン(ピンノーズ)の乗り方の基本がここにある。ジェリー・ロペス、ウェイン・リンチ、ナット・ヤング等の完成された芸術的サーフィンから、今、学ぶ事は多い」

ディック・ホール (サーフィン映画の巨匠の巨匠「ストームライダース」等の監督)
「70年代前半に撮影された貴重な作品だ。水中と陸から撮影のコンビネーションは今以てサーフィンを伝える大切な手段であり、74年に完成させていた点も注目に値する。」
| サーフフィン ムービー | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://www2.ozartsurf.com/trackback/946962
トラックバック